みんながハッピーにつながる場所:ヨガ・スタジオグリーン

ヨガ・スタジオグリーン : 天王寺区 指導者養成コース インストラクター養成 ティーチャーズトレーニング 骨盤 マタニティ 妊婦 ダイエット 呼吸法

ワークショップ

創始者マーク・ウィットウェル氏から認められた『ハート オブ ヨガ』
シニアティーチャー 川原朋子による『ハート オブ ヨガ』

  • 2016年2月12日(金)11:00〜13:30『ハート オブ ヨガ』ワークショップ開催

ありのままの自分を慈しむプラクティス、『ハート オブ ヨガ』を体験できる
2.5時間のスペシャルワークショップ開催!

ハート オブ ヨガとは?
自分の命を慈しみ、本来の自分を丸ごと愛する。

ハート オブ ヨガ(Heart of Yoga)は、現代ヨガの祖クリシュナマチャリアに直接指導を受けたマーク・ウィットウェルが提唱する、伝統的なハタヨガの手法(アプローチ)です。

「ハタ」は、右と左、上と下、前と後、男性的エネルギーと女性的エネルギー、吸気と呼気など、 対極にあるものの融合です。サンスクリット語で「結合」を意味する「ヨガ」。
それは、あらゆるものとの親密性(intimacy)を築くこと。

左右、上下、前後、陰陽、呼気・吸気…。
その二極性は、生命体である私たちの中に、すでに存在しています。 つまり、私たちの「命」そのものが「ヨガ」。
ハート オブ ヨガは、自らの中にあるヨガ、自分の命と、もっと仲良くなっていくためのプラクティスです。

つまりは「ヨガ=命=呼吸」。
自分というかけがえのない命を讃え、敬い、慈しみ、育むため、ハート オブ ヨガでは、 何より「呼吸」を大切にします。
命の息吹である呼吸こそがグル(師)です。
動きに呼吸を合わせるのではなく、呼吸に動きを合わせ、体の形(ポーズの見た目)ではなく、ポーズをしている間に何を感じているかを重視します。
その結果生まれるのは、誰かと比較する必要も、自分を追い込む必要もない、 個人個人に合った自分だけのヨガ。

大切なのは、自分の呼吸のペースに合わせて、ゆったりとシンプルなポーズを取ること。
自分をヨガに合わせるのではなく、ヨガを自分に合わせること。
そうすることで、他の誰でもない、自分のためのヨガが見つかります。
そのヨガは、苦しみ、痛み、挫折、失望とは無縁です。
呼吸をプラクティスの中心に据えることは、自分の命を尊重すること。
本来の自分を丸ごと愛することだからです。

呼吸を味わうこと、自分に愛を向けることは誰にでもでき、誰もが必要なことです。
ヨガが初めての方でも全く問題ありません。
ハート オブ ヨガが大切にしている哲学のポイントを学び、心地よく無理のないアーサナで「自分のヨガ」を見つけましょう。是非お気軽にご参加ください。

以前講座に参加された生徒さんからは、
「これからの人生における自分の軸ができました」
「ヨガは日常生活の中にあるということ。ヨガのプラクティスを日常生活の中に生かしていける事を学べました。」
「自分らしくいる為、生きる為のヨガが見つけられました。」
といった声をいただきました。

※このワークショップは毎日自分で続けることができるプラクティスの一例を持ち帰っていただくことを目標としています。
自分専用のヨガプラクティスを見つける入門編です。

ハート・オブ・ヨガ(Heart of Yoga)は、ヨガの流派ではありません。「指導者たちの指導者」と呼ばれる偉大なヨギ、クリシュナマチャリヤの元で学んだマーク・ウィットウェルが提唱する、伝統的なハタヨガの手法(アプローチ)です。つまりは、すべてのヨガの源流とも言える長い歴史を持つプラクティス。そこには自分の原点に戻る懐かしさと心地良さ、現代的なヨガが失ってしまった、古くて新しいヨガの本質(ハート)が残っています。

「自分の命も含め、すべてはあるがままで完璧である」Heart of Yogaでは、そう考えます。ヨガで悟りを拓く必要も、解脱を目指す必要もない。なぜなら、人は誰もがすでにそうした神聖な存在であるからこそ、この命を与えられてここにいるからです。自分も、周りも、一つの生命体として息づくものは、すでに完璧で完全だという非二元論のヨガ哲学。それこそが、Heart of Yogaの大前提にあるものです。
だからこそ、身を清めるプラクティスでも、マインドを浄化するプラクティスでもない。

すでに自分の内側にある、そして自分として花開いている自らの命を感じ、その調和に寄り添っていくプラクティス。そこには呼気と吸気があり、強さ(スティラ)と柔らかさ(スッカ)があり、与えることと受け取ることがあり、すべての相反するものの融合(ハタヨガ)があります。その融合こそが、わたしたちの命そのものです。

「身体を柔らかくしたい」「マインドを穏やかにしたい」「ストレスを軽減したい」「プラーナ(エネルギー)を巡らせたい」。ヨガに求めることは人それぞれです。ヨガを始める理由として、正しくないものなど一つもありませんが、それらはすべてプラクティスの副産物として自然発生的に得られるもの。つまり、それを手に入れることがヨガの目的ではありません。

ヨガの本来の目的は、自分の命、自分の存在そのものがすでにハタヨガで、それはあるがままで完璧であるということを、できるだけ長く忘れずにいること。だからこそ、Heart of Yogaでは、自宅で自分のために続ける日々のプラクティスを推奨しています。自分の命こそヨガで、そこに何一つ欠けているものなどないとくり返し思い出すために、毎日マットの上に立ちます。それをまるで歯磨きをするのと同じような日常の習慣にするには、短時間のプラクティスでいいのです。このワークショップを通して、そのやり方を学び、ぜひ自分のために始めてみませんか?

ヨガの経験は一切問いません。呼吸ができればヨガはできます。呼吸をしていれば、そこにもうヨガはあるのです。どなたでも大歓迎です。


【講師プロフィール】

川原朋子|Tomoko Kawahara

ハート・オブ・ヨガ シニア・ティーチャー。リストラティブ・ヨガ インストラクター。
ヨガ専門のフリーランス通訳・翻訳者としても活躍中。
東日本大震災の復興地にリストラティブ・ヨガの輪を広げるチャリティ”Breathe for Peace(B4P)”を展開するなど、マットを超えたヨガの普及に力を注ぎつつ、ヨガが身近でない場所にヨガを届けることをライフワークとしている。
ヨガのフリーペーパー『YOGAYOMU』のウェブサイトでブログを連載中。
http://www.yogayomu.com/blog/tomoko/

【講座概要】

  • 【日程】
    2016年2月12日(金)11:00〜13:30
  • 【講師】
    川原朋子
  • 【場所】
    ヨガスタジオ グリーン Bスタジオ
  • 【定員】
    27名
  • 【参加費】
    5,400円(税込) ※事前振込制
  • 【参加対象】
    どなたでもご参加いただけます。 ※ヨガ初心者の方からインストラクターの方まで。
  • 【持ち物】
    動きやすい格好のお着替え、タオル、 ヨガマット(レンタルご希望の方は210円約)、筆記用具等
    ※多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。 各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。

※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。

【お申込み方法】

web予約フォーム・メール・telにて、参加者全員の「お名前」「ご連絡先(携帯)」「メールアドレス」をご記入の上、お申し込み下さい。
※メールでのお申し込みの方には、2日以内に返信いたします。
万が一、メール送信されて何も返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問合せください。
※お申込後5日以内にご入金が無い場合は仮予約となり、入金確認を持って予約確定となります。
後からお申込の方でも入金済みの方を優先させていただきます。
※尚、お振込手数料は参加者様ご負担となりますのでご了承ください。

【キャンセル料について】

11日前まで : 500円+(税)(事務手数料)
10日前以降 : 100 %

<振込先>三井住友銀行 天王寺駅前支店 普通1732052
スタジオグリーン イシカワ ナナコ

お申し込みはこちら