みんながハッピーにつながる場所:ヨガ・スタジオグリーン

ヨガ・スタジオグリーン : 天王寺区 指導者養成コース インストラクター養成 ティーチャーズトレーニング 骨盤 マタニティ 妊婦 ダイエット 呼吸法

ワークショップ

ヨガ解剖学講師 内田かつのり 考案
骨盤に対してヨガと解剖学の理論を融合させアプローチする
まったく新しい体幹トレーニング法

2015年10月9日(金)、10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)

『アナトミック骨盤ヨガ メソッド』指導者養成講座 4日間 開催!

“辛いっ!キツイ! でも驚くほど効果がある!” で話題の内田流 骨盤ヨガメソッドがいよいよ公開され、指導者養成講座 4日間を開催します!

ヨガ解剖学講師 内田かつのり先生が考案された、ヨガメソッド、
『アナトミック骨盤ヨガ メソッド』
リリース直後から、ヨガインストラクターを中心に噂が広まり、開催するヨガワークショップは
すべてキャンセル待ちになるほど注目度の高いこのメソッド。

しかし、受講された方からは決まって、
「骨盤…と聞いて、もっとリラックス系のクラスかと思ったけど、まさかこんなにキツイとは!」
「もっと楽な感じだと思ってたのに、ハードでびっくりしました…」

など、一見ネガティブな!?感想が上がってきます。
ただし、その数日後には、必ずといっていいほど、

「あの日の夜はぐっすり眠れました」
「クラス後にあんなに身体が軽く感じたのは初めてです」
「翌日の朝、今まで経験した事のない部分が筋肉痛になりました。
普段ヨガでほとんど使わない筋肉を動かす…とはこういう事だったのですね!」
「この感じは、普通の骨盤系メソッドでは絶対味わえない。効果の高さに驚きです!」
「このクラスに何回も出て、いつかポーズのキープ時にプルプルしなくなるような安定した身体になりたい」
「このドSメソッド!?(笑)をぜひ自分も習得して指導できるようになりたい!」

という反応が改めて返ってくるのです。
そう、このアナトミック骨盤ヨガは、一見ハードなメソッドに思われがちですが、既存の骨盤系メソッドの常識を覆し、他の骨盤メソッドではアプローチする事が困難な骨盤周りの各部位に深く効果的にアプローチする事のできる、今までにない体幹トレーニング法なのです。

内田先生が一人の解剖学講師として、またヨガティーチャーとして、プロの目線から本質的に骨盤にアプローチする方法を真剣に考え、長い年月をかけて生み出したこのメソッドをぜひあなたも習得して指導できるよになりませんか?

そして “キツ~イ!でも効く!そしてクセになる(笑)”
そんなヨガクラスを目指して、内田先生と一緒に学んでみませんか?

【アナトミック骨盤ヨガとは?】

アナトミック骨盤ヨガの説明及び、内田先生による
アナトミック骨盤ヨガを体験できるワークショップ情報はコチラ

【内田かつのり先生の思い】

このメソッド(シークエンス)は、僕が日常的にやっている骨盤へのアプローチ法です。解剖学的裏付けをもとに、僕がアレンジしていった自己流の練習方法になります。
僕自身がヨガクラスを受ける時、また、クラス前のウォーミングアップとして最短で効果を出す動きとして、やっていたポーズを組み入れたシークエンスになっています。
練習時間がとれないときなどこれらのポーズを少しやるだけでも、身体・骨盤・股関節周りのコリをとる作用があるかと思います。
初めて行うと、かなりきついかと思いますが、それはそれだけ股関節まわりがSOSサインを出しているのかもしれません。
ちょっとキツイですが、効果は抜群です。
何故ならば、解剖生理学的に裏付けされた理論がキチンとあるからです。そんな考えをもとに、骨盤まわりの調整および体幹をトレーニングするヨガメソッドを作れないかな?
そう思ったのが、このアナトミック骨盤ヨガメソッド開発のきっかけです。

例えば、最近の十代の若者はヤンキー座りさえキツイようです。
町角で、地面に直に座っている子供を僕もちょくちょくみかけます。
この光景などは、明らかに基礎体力の低下を示すものです。これらの改善には、骨盤周りにある大きな筋肉にアプローチをかける事が必須です。
例えば、太ももの前の筋肉などは、25歳以降、何もしないでいると、年々低していく傾向があります。
そのような事を防ぐためにも、是非、このメソッド(シークエンス)を活用して頂きたいのです。

きちんとしたアライメントで数分行うだけでも、90分のクラスで数本分に値するかもしれません。
確実に身体があたたまり、筋肉が活性化、柔軟化します。
しかし、残念ながら、おうちでやると、どうしても弱め弱めになってしまうでしょう?
そうなると、効果も半減しがちになるものです。
そのために、このメソッド(シークエンス)をヨガクラスとして確立させて、みんなでやることで、頑張れるものにしようと思いました。

そして、ぜひこれを広めていきたいと思い、今回アナトミック骨盤ヨガメソッドとして、ヨガジェネレーションさんと共に時間をかけ、何回も試行錯誤を繰り返し開発したのです。
ぜひ私と一緒にこのメソッドを学び、習得して頂き、“ちょっとキツイけど、効果は抜群♪”という新たなジャンルとして、世の中の人へ広めていって頂ければと思います。

【講座内容について】

アナトミック骨盤ヨガ指導者養成トレーニングとは、受講者の皆様にこのメソッドを理解し、実際の指導スキルを修得して頂くことを目的とした指導方法の伝達です。
カリキュラムとして用意されている、各パーツごとのポーズの修得や、リードの仕方、クラス内でのアジャスト方法や解剖学的裏付けについて学びます。
間違っても、全員で四日間朝から夕方まで、骨盤を鍛え抜く!という内容のものではありません。

また、指導方法のバリエーションについても、講座終了後に皆さんが、様々なレベルの生徒に指導できるように、負荷をかける強度やアレンジ性に富んだシークエンスを
レベル別に用意しています。ですから、ヨガをまったくした事のない未経験者、ヨガ初心者や高齢者、またはプロ競技選手レベルまで、クラスをアレンジ可能です。

※現在行っているイントロダクションワークショプでの内容はヨガインストラクターの方が多いので、少し強度を強めて行なっています(それでも弱いほうなのですが)
これを、公民館などで一般の生徒に行うヨガには無理と感じられるイメージがあるようですが、公民館でのヨガをされる方の為に何通りものアレンジ可能なバリエーションがありますのでご安心下さい。

【講師紹介】

内田かつのり 鍼灸師

“薬だけでは治らない病気も沢山ある”という現実を身を持って体験した事をきっかけに、アメリカの栄養学である分子矯正医学という栄養療法を深めながら、ファスティング、酵素栄養学、ゲルソン療法(コーヒーエネマ)、漢方や整体術などを実践。
更に、本当の健康とは何かを探している中で、ヨガに出会い、運動療法、精神療法というような代替医療としてヨガの可能性に魅せられて以来、ヨガそのものが暮らしの中に在るようになる。

上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、2つを軸にして治療を行っている。

アヌサラヨガのマスターイマージョン、アヌサラ・インテンシヴコースⅠ・Ⅱ修了、UTLでのAMC/AMIC修了。

現在、都内ヨガスタジオにて、解剖学短期集中講座やティーチャートレーニングに携わり、インストラクター養成にも力を注いでいる

座右の銘:陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる

(内田かつのりブログ:ヨガと鍼) http://ameblo.jp/yogahari
(内田鍼灸院/Yoga Anatomy Lab.)http://www.yogahari.com/

  • 【日 程】
    2015年10月9日(金)、10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)の4日間
  • 【時 間】
    各日10:00~18:00 (※途中お昼休憩あり)
  • 【場 所】
    スタジオグリーンB studio
  • 【参加費】
    113,400円 (事前振込制)
    ※リテイク(再受講)価格あり!税込54,000円 リテイクの場合は予約ページのコメント欄に『リテイク』とご記入ください。
    ※参加費にはトレーニング費、教材費、修了書発行費が含まれています
  • 【参加資格】
    以下のどれかに該当する事が望ましいです。
    ・すでにヨガインストラクターの資格をお持ちの方。
    ・ヨガ以外のフェットネス指導資格をお持ちの方。
    ・内田かつのり先生のヨガ解剖学集中講座の卒業生など。
    スキルに自信の無い方はお気軽にお問い合わせ下さい。
  • 【持ち物】
    動きやすい格好のお着替え、タオル、ヨガマット、筆記用具。
    ※昼食はお持ちいただくか、近くの飲食店ですませてください。

※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。

【お申込み方法】

web予約フォーム・メール・telにて、参加者全員の「お名前」「ご連絡先(携帯)」「メールアドレス」をご記入の上、お申し込み下さい。
※メールでのお申し込みの方には、2日以内に返信いたします。
万が一、メール送信されて何も返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問合せください。
※お申込後5日以内にご入金が無い場合は仮予約となり、入金確認を持って予約確定となります。
後からお申込の方でも入金済みの方を優先させていただきます。
※尚、お振込手数料は参加者様ご負担となりますのでご了承ください。

お申し込みはこちら