みんながハッピーにつながる場所:ヨガ・スタジオグリーン

ヨガ・スタジオグリーン : 天王寺区 指導者養成コース インストラクター養成 ティーチャーズトレーニング 骨盤 マタニティ 妊婦 ダイエット 呼吸法

ワークショップ

内田かつのり 新企画!『経絡|けいらく』3日間集中講座
~現場で即実践できる!ここだけは押さえたい経絡の基礎理論と実践法~

2015年5月2日(土)~4日(月・祝)

最近、特にお問合せの多い“経絡|けいらく”について、
まずはここだけ押さえたい!という要点と、
受講後、現場で即使える実践スキルをギュギュっとまとめました!

『経絡|けいらく』
一昔前までは、ヨガ業界でも“けいろ”と読み間違いする方をよく見かけましたが、最近では経絡という言葉も市民権を得て、ヨガクラスの中でもイントラの方が、ヨガに絡めて使われているのをよく耳にします。

ですが、その言葉を使っている先生方に“経絡って一体何なんですか?”
“経絡とヨガってどういう関係があるんですか?”
“ツボってどこをどう押せば、何に効くんですか?”
と、無邪気に聞いても、答えがとても曖昧だったり、
人によって言う事がバラバラだったり…、結果、
“経絡ってそういう、よくわからないものなのか…”という
印象を生徒の皆さんに与えてしまっているのが現実なのではないでしょうか?

ではなぜそんな現状になっているのか?

答えは明確です。
今までこの経絡という分野をプロフェッショナルな立場から、分かりやすく教えてくれる先生や講座がなかったからです。
しかもただ経絡の知識を学ぶだけではなく、ちゃんとヨガに絡めた基礎知識と現場で使える実践スキルを学べないとヨガイントラさんにとっては意味がない。

そこでヨガジェネレーションは、鍼灸師の国家資格とお持ちで、かつヨガ指導者でもある経絡のプロ、内田かつのり先生と一緒に、ヨガ界で実践できる、経絡の基礎知識と、現場で使える実践スキルを3日間の講座にぎゅぎゅっと濃縮してまとめた講座を開催することにしました。

誤解がないように言っておきますが、 膨大な経絡の知識をたった3日間で学ぶのは不可能です。
ですが、例えばヨガインストラクターが最低限知っておくべき経絡の知識や、クラスの中でヨガと絡めて導入できる実践スキルなど、 現場で即使えそうな “活きた知識やスキル” はこの期間内で習得可能だと思います。

ぜひ経絡に興味がある方はこの講座を受けてみて下さい。
今まで曖昧だったり、腑に落ちなかった部分がすべてクリアになり、ヨガ実践者として、またはヨガ指導者として確信をもてるようになるはずです。


【先生からのメッセージ】

現在、経絡入門ワークショップは、いわば“経絡の入り口”のようなもの。そして、その「経絡」を本格的に深めていくのが、この3日間講座です。

経絡と言えばツボや東洋医学をイメージされるかと思います。
それらを使って身体を整え、治していこうとするのが、鍼灸師という仕事です。

その鍼灸師になるためには国家試験を受けなくてはなりません。
例えば「経絡」については3年間で数百時間学ぶことが法律で必須とされていて、人を治療する前提として、それは最低限必要な内容です。

最近僕は、「そこまでしなければ、東洋医学を知ること、学ぶことができないのでしょうか?」と、よく聞かれます。

しかし、ヨガを楽しんでいる方、体調を改善したいという方の中には、東洋医学を「家庭の医学」的な、知恵として身につけたいという方もいます。

また、経絡というものを学んでいるけれども、教科書上の知識のみであり、実際の身体では、あまり良く解らないという方もいるかと思うのです。

そのような方たちには、鍼灸師や中医になるような知識よりも、別な形の知識のほうが必要かと思うのです。
そこで、今回、僕がみなさまに「経絡」を伝えるために用意した時間は18時間。
僕なりに、みなさまが求めている東洋医学の身近な知恵だけを抽出し、不要な部分をそぎ落とし、よりヨガとリンクしたものだけを伝えるということを考え、プランニングして最低必要だと考えた時間数になります。

一見、経絡を18時間学ぶというと、すごく長い時間に感じることでしょう。
でも、本来、経絡を18時間で学びきることは、先に書いたように不可能であり、実は短いくらいなのです。

今回は、経絡をみなさんのヨガの中により実践的にとりいれるための集中講座になります。

【講座のポイント】

今回、この講座を企画するにあたり経絡についていろいろ見つめ直し、みなさまに伝えたいポイントを僕なりにいくつか考えてみました。

★経絡を実践的に更に深める
14本の経絡を、実際の人の身体で確認し、ツボ押しをメインとしていく講座なので、曖昧であった経絡のラインがより深く理解出来ます。
★身体を知り、触れることに慣れる
僕がヨガの世界を見ていて、常々思うことは、他人もしくは自分の身体にふれる機会が多いはずなのに、触り方に不慣れな方、恐怖心を持っている方が多いということ。
そういった方にとっては、人を触れる技術を、ツボを学ぶことで、嫌でも解剖学を通じ、身体の構造を知ることができるチャンスです。
★ヨガを見つめなおすことができる
チャクラやナーディといった概念は、おそらく経絡と交わる部分もあるので、そこを 改めて自分なりに深めることができます。
★解剖学を深める
ツボに触れるということは、簡単な筋肉の位置なども必然的に学んでいくため、ツボを覚えながら、解剖学を深めることも可能です。
★ツボを覚えることでアサナ、座学等のスキルアップにつながる
ツボを覚えることで、東洋医学の哲学を感じられます。それらは、アナサや座学にフィードバックされる事でしょう。
★シャバアサナの時のアジャスト(マッサージ)で使える
シャバアサナでの、頭部、足部のツボ押しは、より深いリラクゼーションを生み出してくれます。 クラスにとりいれる事により、クラスの質そのものが向上するはずです。
★人に触れる技術をつけることでアジャストの技術向上にもつながる
人の身体に触れるとい事で、何がわかるかというと、触れた者にしか理解出来ない感触というぬくもりがあります。 それらを重ねる事で、知らず知らずのうちにアジャストというものに繋がると思います。
★セルフケアを学び、未病に対してアプローチをかけることができる
家庭の医学的な知識を、より実践的に学んでいきますので、ご自宅などでのセルフケアや、身近な方に癒しとしてのツボ押しが可能になります。

五行説や陰陽論、これらを延々と学ぶにはある程度の基礎知識が必要となり、当然、3日間では終わりません。
今回の講座では、ツボ押しというものをメインとして、身体に触れながら、陰陽、五行というものを感じていきましょう。

あえて、座学だけでなく、身体で感じる経絡講座をしようと思っています。


【講座内容】

☆実践について
14経絡に対してのラインを覚え、主要なツボを覚える。
自分の、身体や体重、指の形にあったツボ押しを覚える。
☆悩みを抱えた方への対処法について
冷え、肥満、自律神経失調症、頭痛、生理痛、など、不定愁訴にお悩みの方への対処 法を学びます。
☆ここを知れる!体感できる!
14経絡のラインを3次元の立体的感覚でとらえたい方 また、その中にあるツボ押すことによって身体を整えるツボ押しを学びたい方が、頭とカラダを使って学んで頂けます。

  • 【講師】
    内田かつのり
  • 【日程】
    2015年5月2日(土)~4日(月・祝)
  • 【時間】
    10:00~17:00 (※途中1時間休憩有り)
  • 【場所】
    スタジオグリーン Bスタジオ
    ※受付開催は講座開催30分前からとなりますのでご注意ください。
  • 【受講費】
    49,680円(※事前お振込制)
  • 【対象】
    経絡・東洋医学・マッサージ等に興味がある方
    ※経絡 入門ワークショップにご参加頂いていない方でも、ご参加頂けます。
  • 【持ち物】
    筆記用具、動きやすい格好のお着替え、タオル、ヨガマット(レンタルマット210円)
    ツボ押しの際に身体に貼る用のシール(100円均一などで販売されています。※右の写真参照)
    マスキングテープ 1~2個
    ※マスキングテープは文房具屋さんで200~300円ほどで販売しています。
    身体に貼って筋肉を示すのに使用するため、濃いめ・太めの目立つものがおすすめです。

※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
※録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。

【お申込み方法】

お申し込みはコチラ → http://www.st-green.com/contact.html
yoga@st-green.com 06-6774-0102
web予約フォーム・メール・telにて、参加者全員の「お名前」「ご連絡先(携帯)」「メールアドレス」をご記入の上、お申し込み下さい。
※メールでのお申し込みの方には、2日以内に返信いたします。
万が一、メール送信されて何も返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問合せください。
※お申込後5日以内にご入金が無い場合は仮予約となり、入金確認を持って予約確定となります。
後からお申込の方でも入金済みの方を優先させていただきます。
※尚、お振込手数料は参加者様ご負担となりますのでご了承ください。

お申し込みはこちら